ダイヤモンドメイク|新車半額 防サビ 中古車販売 みなかみ町 群馬県 猿ヶ京自動車

最高峰鏡面コートダイヤモンドメイク
ダイヤモンドメイクとは?
ボディーコーティングの最高峰鏡面コート

ダイヤモンドメイクはシリーズは溶剤型であり、多種類のシリカレジンを当社独自のブレンデング技術で高重合する事により、
極めて持続性のあるシリカガラス被膜を形成し、撥水・防水・耐候・耐熱・耐摩擦・耐薬品性に優れた効果を発揮します。
特殊超高分子フッ素配合により、その足が繊毛のように塗装表面を覆い、長期間塗装表面を完全に保護し、水アカ・虫・鳥糞から守ります。
撥水能力に優れ、水玉の形状が118°~77°(下図)と超撥水から滑水タイプへと移行しながら表面張力を保ちます。



タフコートによるメリット
スーパーモノコック

シリカ粒子とフッ素ポリマー粒子の配置、それは最終的なフィルム性能を決定づける要素モルフォロージーコントーロールとブレンデング技術がコーティングの最適化を実現し、サスペンションのような働きにより塗装表面衝撃を吸収し、コーティングへのキズ付を最小限に抑制し、長時間の光沢維持とベースフィルムの欠損を防止します。
アフター製品もコーティング剤に合わせてアクセスしておりますので、水アカ汚れも簡単に落とすことができます。撥水効果を施工当初の118°の状態に戻したいときには、カーローションを使用することにより簡単に戻すことができます。
施工されたオーナー様も撥水を体感されることで、ダイヤモンドメイクシリーズボディーガラスコーティングの効果と特徴を実感して頂けます。
ダイヤモンドメイクシリーズボディーガラスコーティングを施工して頂きましたお客様には、メンテナンスキットをお渡ししております。


ODMS施工システム

ダイヤモンドメイクシリーズ コーティングを長期に亘りテストを繰り返してきた結果、 一般的な施工方法では、ダイヤモンドメイクシリーズ コーティング本来の効果を十分に 発揮できないと実感しました。
そこで当社独自に、 洗車→下地処理→ODMS式工法→コティング剤→乾燥→完成 までの一連の工程を一貫させた施工をシステム化しました。
これを、ODMS式施工システムといいます。
システム化に伴い、必要不可欠な、研磨(ボディ塗膜表面磨き)方法、オリジナル研磨剤、TS処理剤に着目して、考案・開発しました。
研磨(ボディ塗膜表面磨き)方法には、ボディ研磨前とボディ研磨中間にTS処理剤を使用します。使用することで、ボディ研磨前のボディ塗膜表面の色艶の状態・キズの状態を把握し、ボディ研磨中間ではボディ塗膜表面の色艶の復元状況・キズの切削状況の見極めを可能にしました。
さらに、TS処理剤とオリジナル研磨剤の使用で、バフ目(ギラつき)をださずに、ボディ塗膜表面を鏡面に仕上げていくことに成功しました。 この研磨(ボディ塗膜表面磨き)方法をODMS式工法といいます。
その結論が、オーナー様の愛車を未知なる鏡面の世界へと誘(いざな)うのです。